• 笑顔あふれる住まい作りのお手伝い 売買・仲介・買取・リフォーム・生活設計のご相談ください

昨日の定休日は既存住宅状況調査技術者講習を受講しました。

平成30年4月から既存住宅の売買時に「既存住宅状況調査」に関する説明が義務付けられました。

この調査は、お客様が安心して中古住宅を購入頂くために

有資格者の建築士が構造上重要な部分に欠陥がないかを

直接建物を見て触って調査し、報告書にまとめるものです。

ある機関の調査によると中古住宅の購入をためらう理由のひとつが

「欠陥がわからないことが不安」というものでした。

そんなお客様に対し目に見える形で報告し、安心してご購入して頂ける調査です。

日本の住宅は「スクラップ&ビルド」といわれています。

築年数が経った建物は価値がなくなるとみなされ、壊され建て替えることが望ましいとされてきました。

しかし、まだまだ充分使える建物を壊すのはあまりにももったいない!!

不具合の箇所がわかればその部分だけを補修すれば安心して住める建物が

たくさんあります。

確かに新築住宅は素敵ですが、付加価値がついて高額になります。

中古住宅は価格的にもお求めやすくなり、

リフォーム等でご希望通りのマイホームに変身させることができます!

「既存住宅調査」をご希望の際はぜひ当社にご相談ください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA